« 人間関係 | トップページ | 沖縄駆け足旅その5 »

2004.03.19

おかしな人たち

ウチの店は、お客さんが入ってくると「こんにちは〜」と声をかけている。
そのおじさんが入ってきた時も、いつものように「こんにちは〜」と言ったら、
「こんにちは。ごぶさた」とか言うので、あ、あたしが入る前からの常連さん?
とか思っていたら、彼はズカズカと必要以上のスピードでレジ前に仁王立ちに
なるなり、大声で言った。
「メモって!」
「はい!?」(hazu、紙とペンをスタンバイ)
「080-○○○○-○○○○」←ケータイの番号
(hazu、で?と顔を見る)
「(早口で)僕女運を上げて結婚したいんだけどそういう置き物ある?」
「…女運、ですか」
「そう、そういうのある?」
「いやー、置き物はいっぱいありますけど、そういった効力のあるような
ものはないですね」
「ないの?」
「ないです」
「あそー。ありがと。じゃーねー」
電話番号は何だったんだ。新手のナンパなのか?ひっかかる女がいるとは
思えないが。

昨日電車に乗ったら、近くから何やらおじさんの会話らしき声が聞こえる。
「……だいたい行政っていうのはダメなんだよ。前から言ってる通りにね」
どうやら彼は何かに怒っているようだ。見た目は中小企業の中間管理職風。
ただの酔っぱらいのグチか…と思いきや、
「いやだからさっきから言ってるようにね、そういうことなら先に言って
 もらわないと」
相手方の声は聞こえない。彼は1人だ。電話をしているのでもない。
彼はただただ、ポケットに手を突っ込んで、ガラスに映った自分の顔を
見ているだけだ。
そして、時々黙る。まるで電話の相手の話を聞いてるみたいに。
「辞めるなら辞めてもらっても全然構わないんだよ。だけどね」
(間)
「だからさっきから言ってるだろう、構わないんだよこっちは。だけど
 そっちが×××だって言うからこういうことになったんじゃないか」
…何があったんだ。つか誰と話してるんだ。もう1人の自分か?
同じ駅で降りていったが、改札を抜けても、彼はずーっと誰かを
やり込め続けていた。

|

« 人間関係 | トップページ | 沖縄駆け足旅その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13390/324462

この記事へのトラックバック一覧です: おかしな人たち:

« 人間関係 | トップページ | 沖縄駆け足旅その5 »